ニュース オンラインストア
紙のはなし

紙のはなし

『ぞうさんペーパー』ができるまで

Made in WILD のステーショナリーシリーズに使わ れている、色彩豊かで温かみのある風合いの紙は、 『ぞうさんペーパー』といいます。 象のウンチと 古紙を材料にして、一枚一枚手漉きで作られるこの 紙は、スリランカという国で生まれました。

スリランカのケーゴール(Kegalla)という村には、 ジャングルの森林伐採により、棲む所がなくなった 象と人間との間に起こるトラブルで、親を撃たれ失 くした小象たちが保護されている象の“孤児院”が あります。『ぞうさんペーパー』には、この孤児院 で集められたウンチが使われています。

この紙づくりが始まってから、開発のためにジャン グルの木を切る代わりに、象のウンチを拾い集める、 紙を作る、商品として売る、という一連の仕事が生 まれました。それにより、人間は紙づくりの原料と なるパルプを生み出してくれる象を大切にするよう になりましたし、棲む所を追われなくなった象も村 まで出てくる必要がなくなりました。以前まで傷つ け合っていたお互いにとってよい関係を築くことに、 また一本の木を切ることもなく、紙を作ることに繋 がりました。

<< 戻る